ME機器の管理も大切

医師の指示の下で人工透析装置や人工呼吸器などを操作・保守

先進国のなかでも社会の高齢化が進んでいる日本では、今後ますます医療機器(医用工学機器)の助けを必要とする患者さんが増えると予測されています。

病院の検査や治療、手術には多くの医療機器が使用されますが、そのなかでも、自力で呼吸が困難な方をサポートする「人工呼吸器」、心臓の手術の際に使用される「人工心肺装置」、腎不全の患者さんの血液を綺麗にする「人工透析装置」などの操作・メンテナンスを専門に行うのが臨床工学技士です。

そのほか、医療機関で患者さんに作用するME機器(シリンジポンプ・輸血ポンプ・電気メス・除細動器)を使用した治療や、ME機器の管理、集中治療室、ERにおける業務にも携わっています。こららのME機器は、必要性が生じたときに確実かつ安全に使用できるようにメンテナンスを日常的に行っておく必要があります。

いずれの機器も高額なので、有効活用する必要があります。臨床工学士は病院全体のME機器の管理を担当することで、機器を遊ばせることなく効率的に使用することを心掛けます。また、ME機器の使用法は、メーカーによって違います。適正な使用法を看護師などのコメディカルに指導することも、大切な業務のひとつです。

従来、医療機器の操作は医師や看護師、メーカーの担当者が行ってきましたが、医療技術の進歩とともに、その操作に求められる技能も高度化したため1988年に国家資格として誕生しました。臨床工学技士法において、「医師の指示のもとに、生命維持管理装置の操作および、保守点検を行うことを業とする者をいう。」と定義されています。

資格を取るためには、高校卒業後に養成コースのある学校(専門学校、短期大学、大学)に入学して、勉強して卒業資格を得てから、国家試験に合格しなければなりません。学科は学校によって名称は異なりますが、「臨床工学科」と「臨床工学専攻科」があります。

一般的には、臨床工学科に通います(専門学校は3年課程、大学は4年課程が多い)。臨床工学専攻科は1年過程と短いですが、これは看護師や臨床検査技師などの医療従業者や医学系の単位を規定以上取得した人だけが、このコースを受けることができるためです。