副作用の情報収集も重要な役割

製薬企業の営業として医療機関を訪問するMR(医薬情報担当者)

MRとはMedical Representatives(メディカル・リプリゼンタティブ)の略で、自社医薬品に関する情報の専門家のことです。営業社員として、病院やクリニックの医師、薬剤師を訪問して、自社製品の効果や使い方、副作用などを説明する重要なお仕事です。他社の医薬品に似通ったものがあれば、どう違うのか、どう使い分けるのかを医学的根拠に基づいて説明することが求められます。医薬情報担当者教育センターが定める具体的な業務内容としては、以下の4つが挙げられます。

1.自社医薬品の普及…医療関係者に対して自社医薬品の適正使用に関する情報を提供することにより、正しい理解のうえ、処方に結び付けてもらいます。普及活動を行うにあたっては、医療用医薬品製造販売業公正競争規約、プロモーションコード、そのほか関連法規と病院の院内規則等の遵守はもとより、患者さんのベネフィットを優先した行動が求められます。

2.情報の提供…特定機能病院、地域医療支援病院、診療所、保険薬局など、役割が異なる様々な医療機関の関係者に対して、それぞれが必要とする情報を添付文書や製品情報概要などを使用して、確実かつ迅速に提供することが求められます。

3.情報の収集…GVP(製造販売後安全管理基準)等に基づいて、自社医薬品が使用された際の品質・有効性・安全性(有害事象・副作用)に関する情報を医師や薬剤師などから積極的に収集し、製薬会社の安全管理統括部門に報告します。

4.情報の伝達…現場で収集された情報は、自社における分析・評価を経て、その結果をMRが医療関係者に迅速かつ正確にフィードバックします。

医薬品は患者さんの命に直結しますので、MRが間違った情報を提供すれば大変です。日頃から最新の医療情報を仕入れたり、研修会への参加、医師の講演会を公聴したり、海外の医学論文の購読など、MRは外回りだけでなく、相当な勉強も必要です。

MRになるためには、特別な学部に行く必要はありません。一般的にはやはり薬学部出身者が多いですが、多くの製薬会社は文系学部の出身のMR担当スタッフを積極的に採用しています。社内で研修を受けると、医薬情報担当者教育センターが行うMR資格認定試験の受験資格を得ることができます。

2006年から薬学部6年制が導入され、モデル・コアカリキュラムを基本とした臨床教育を修得した薬剤師が2012年に卒業して、医療の現場や製薬企業で働き出すことになります。また、医学教育においても、社会の多様なニーズに応えるためには、医師の資質向上が不可欠であるとして、新たなモデル・コアカリキュラムが作成され、教育が実施されています。

財団法人・医薬情報担当者教育センターは、これらの環境の変化に対応するため、またMRの教育研修の質を高めるためには、教育研修制度の見直しが必要であると考え、現行の導入教育の添付文書と薬理学、薬剤学をまとめて総合化目とすることを検討するなどの新しい内容が取り入れられる予定です。