院内トラブルの解決にも奮闘

患者さんの経済的、精神的、社会的な不安解消をサポートします

ソーシャルワーカー(社会福祉士)は、心身の障害などで日常の生活を自力でおくることが難しい方とその家族を対象に、ホームヘルパーの派遣や福祉施設、補助金制度など相談を受け、適切なサービスを受けられるように支援を行いますが、保健医療分野では「医療ソーシャルワーカー」が、病院を中心に活躍しています。

がんの検査や治療に関する疑問や悩みは主治医やセカンドオピニオンの医師、看護師に相談することができますが、がんに対する漠然とした不安や日常生活のこと、高額な治療費などの心配事の相談はしにくいものです。

そんなときに活用したいのが医療ソーシャルワーカーです。全ての病院にいるわけではありませんが、がん拠点病院などの大きなところならたいてい配置されているはずです。突然のがん宣告で気持ちが滅入っている、病気についてもっと詳しく知りたい、など誰に話していいかわからない悩みを聞いてくれます。自分が受ける検査や治療に関する不安でも、詳しく話を聞いたうえで、必要に応じて主治医や看護師などの専門スタッフとの仲介も行ってくれます。

医師からがんを宣告されたショックは非常に大きく、そ患者さん本人だけでなく、家族も同じです。「家族として何をどのようにサポートしたらいいのだろう?」、そのような不安を常に抱えたまま、闘病生活に入ると、心身ともに負担が増していきます。

家族も、主治医や看護師、患者本人にいえない悩みを抱えることは少なくありません。病院の事情に精通している医療ソーシャルワーカーに話をすることで、気持ちが軽くなる人は大勢います。

また、病気や怪我で長期間の入院が余儀なくされた場合は、ベッド代や手術費用、あるいは抗がん剤等の治療費を支払えるのか、仕事はどうするのかなど経済的な不安を抱える患者さんも少なくありません。そうした経済的な心配、精神的な不安、転院、在宅医療への移行などの相談も医療ソーシャルワーカーが受けてつけています。

近年は治療を巡る院内でのトラブルや双方のコミュニケーション不足による行き違いなども増えています。そういったトラブルの間に立って、患者さんと医療者の橋渡しも今後重要な役割になると考えられています。

現在の医療法上で病院に配置が義務付けられいるものではありませんし、医療保険上の診療報酬扱いにならないため、この職に就いている者は全国に9千人ほどしかいません、病床数の割合でみると100床に0.5人と不足しています。それでも、国や自治体の患者支援制度に精通し、他の医療機関や介護施設にも幅広いネットワークを有している医療ソーシャルワーカーを置く病院は徐々に増えて着ています。