離職率が高いため人材は慢性的に不足

病院で最も従事者が多い職種であり、患者にとって最も身近な存在です

医療機関で働く看護師の役割は、担当医師の指示に従って、患者さんの採血や点滴、怪我の手当てを行ったり、バイタルサイン(血圧、脈拍数、呼吸数、体温など、全身状態を把握するうえで基本となるサイン)をチェックしたり、あるいは正しい用法・容量で薬をキチンと服用するように管理したり、入院患者の病状変化の把握などを行います。

患者さんとその家族にとって一番身近な存在であるため、さまざまな要望や病気・怪我に関する質問を聞いて医師に伝えて、治療が円滑に進むようサポートするなど、医師と患者さんの橋渡しをすることも重要な役割の一つです。

病気や怪我で住み慣れた自宅を離れて入院生活を送る患者さんにとって、頼りになるのはやはり医師ということになるかもしれませんが、一番身近な存在は24時間いつでも自分を見守ってくれている病棟看護師ではないでしょうか?このため医師以上に高いコミュニケーション能力が問われる仕事といえます。

勤務時間は日勤(8:30~17:30)と夜勤(17:00~9:00)に分かれており、複数の看護師で交代しながら、入院している患者さんの看護をしていきます。

具体的な日勤の1日は、夜勤の看護師から患者さんの様子を聞く「申し送り」でスタートします。そして担当する患者さんの傷口の確認、体温・血圧測定、点滴の交換などをした後、身体をタオルで綺麗にするなどのケアを行います。お昼になると患者さんの昼食と薬を配り、一人で食事が取れない患者さんには介助も行います。

午後は再び、患者さんの検温や傷口の確認、洗髪、リハビリ室への付き添い、患者さんのか家族からの相談、医師との面接時間の調整など、勤務時間のあいだは、仕事がひっきりなしと続きます。最後に夜勤担当の看護師に申し送りをしてバトンタッチとなりますが、患者の容態が急変したり、緊急に入院してくる場合には、臨機応変に対応しなければなりません。

どんなに忙しくても看護の質を落とせませんので、看護の技術、治療法、薬、患者さんと接するときのマナーなど、いくつもの勉強会や研究会が院内で活発に行われています。

看護師になるためには、高校卒業後に専門の学校や短大、看護大学で勉強する必要があります。これらの学校で医学や看護学を学んで実習を経験すると、国家試験を受験する資格が与えられます。

病院で働く看護師は全国で約66万人おり、病院の中で最も従事者数が多い医療職となっています。そのほか国家資格である正看護師ではないものの、都道府県知事による免許を受けた准看護師が約17万人と、資格を持っていない看護助手の約19万5000人がそれぞれ病院で働いています。

職場は病院以外にも広がっています。高齢化社会が進む日本では、医療や介護を必要としながらも自宅で療養しているお年寄りも少なくありません。そんな人たちを尋ねてお世話する訪問看護ステーションや、介護・福祉関係の施設など、資格をいかして活躍できるステージは様々です。

また、高度で専門的な知識、経験を併せ持つ専門看護師(分野:がん・精神・老人・小児・母性・感染症ほか)や認定看護師(分野:救急・がん・感染管理・不妊症・糖尿病・手術・脳卒中リハビリテーション・認知症・新生児集中ケア・透析ほか)も年々増えてきています。