将来は供給過剰の可能性が指摘されています

薬局や病院で調剤、患者さんへの情報提供を行う薬剤師のお仕事

薬剤師の仕事場は、病院の外にある調剤薬局、一般のドラッグストア、または大学に残って研究を続けたり、製薬会社に就職してMR(医薬情報担当者)として医療機関の医師を訪問したりと様々ですが、ここでは病院と薬局で働く薬剤師のお仕事を紹介します。

病院薬剤師の主な仕事は、外来あるいは入院している患者さんの薬の調剤・製剤をはじめ、服薬指導、医薬品の在庫管理や選定、臨床試験の管理、薬の血中濃度の測定、医師や看護師に新薬の情報を提供・アドバイスを行ったりするなど、その役割は広範囲に及びます。

窓口では医師が書いた処方箋にしたがって薬を揃え、その効果や副作用、使用方法を記載した説明書とともに、患者さんに手渡しするわけですが、一見すると流れ作業を淡々とこなす仕事に思えますこれが大変なのです。総合病院病院の薬剤室ともなると、飲み薬だけでも約600種類、塗り薬や貼り薬が約300種類、それに加えて注射用の薬が約400種類の合計1300種類もの薬が置かれています。

薬剤師はその中から指示された薬を選び取り、「粉末にする」「錠剤は半分に砕いて」など患者さんの病気の症状にあわせて、きめ細かく対応しなければなりません。大きな病院はひっきりなしに患者さんが来院しますので、朝一から終業間際まで気を休めることができません。

病棟勤務を任されている場合、患者さんと日常的に接することになるので、医薬品に関する高度な知識に加えて、コミュニケーション能力が要求されます。具体的には、薬剤師自らが患者さんのベッドサイドで対話し、薬物療法を行ううえで必要な症状等の情報収集を行い、医師や看護師その他の医療スタッフと連携をとりながら、治療へ直接かかわることになります。

近年、新聞の社会面を賑わすことが多くなった医療事故・過誤のなかでも多いのが、薬の投与量や処方内容の間違いです。薬の専門家である薬剤師は、患者へ適切な情報を提供し、投与量や薬の飲みあわせをチェックし、医療事故や過誤を防ぎ、副作用の防止・軽減に努めるのも重要な仕事です。

院内では入院患者さんの投薬管理も行います。患者さんががんで入院している場合には、副作用が大きい抗がん剤も扱わなければなりません。少しでも調合にミスがあると生命に危険を及ぼす恐れがあるので、その調合や管理にも細心の注意が必要となります。

また、薬の中には特定の食べ物と相性の悪いものがあるため、医師や看護師だけではなく栄養士ともよく相談します。有名な例では血圧を下げるカルシウム拮抗剤とグレープフルーツの組み合わせは、薬の効き目が強くなりすぎて急激な血圧低下を招いてしまいます。

一方、薬局で働く薬剤師は、病院と同様に調剤をはじめ、患者さんへの情報提供、具体的な症状を聞きだしてどのような市販薬がよいのかを助言を行い、必要に応じて医療機関への受診を促す役割を果たしています。地域医療を支えるかかりつけ薬局として、患者さんの身になって信頼できる情報を提供する薬剤師のニーズが高まっています。

薬剤師になるためには、薬学部のある大学、もしくは薬科大学に入学し、卒業すると受験資格を得ることができる国家試験に合格する必要があります。2008年末現在、全国の薬剤師の数は26万7751人、そのうち薬局で働いているのは最多の約13万6000人、医療機関で働いているのは約5万人となっており、そのほか製薬企業や大学、自治体などで活躍する人もいます。

絶えず進歩を続ける医療に合わせる形で、医療制度自体もまた目まぐるしく変貌しています。薬剤師も以前のように調剤だけできればよいといったものから、より患者さんに近い薬物療法の専門家としての期待が寄せられています。これらのニーズに応えるため、2006年4月入学生から、大学の薬学部は従来の4年制から病院薬剤部と薬局などの臨床実習を行い、実践的な臨床実務能力を習得できるカリキュラムを組み込んだ6年制に移行しました。

そのほか、医療の高度化・多様化に対応するため、日本病院薬剤師会では、がん、感染制御、精神科、妊婦・授乳婦、HIV感染症といった5分野の専門・認定薬剤師の認定を行っています。