PCや医療保険の知識が必要

医療機関の受付、レセプト請求、経理、人事などを担います

医療機関において、診察券の発行や患者さんの呼び出しを行う「受付業務」、診療報酬点数計算と請求書作成をする「レセプト業務」、患者さんの診察後に費用請求を行う「会計業務」、保健所などへの報告書作成などを行う「医療情報処理業務」などの業務を担っているのが事務職です。

事務部は、医事課、総務課、人事課、経理課、庶務課、資材課など、業務ごとに細かく分かれています。事務職員の大半が人材会社からの派遣スタッフで構成されているところもあります。大規模な病院では、事務職のトップである事務長が事務長が院長に代わって経営に手腕を発揮しているところも少なくありません。

医事課は、受付、来院した患者さんの治療費の計算、レセプト(診療報酬請求明細書)の作成と請求、入退院に関する事務手続き、診療記録(カルテ、看護記録、手術記録、処方箋など)の管理などを行っています。

今日のレセプト請求は全てオンライン化されていますので、現在、学生の方で医事課の事務職として就職を希望している場合、コンピューターや医療保険の知識は必須となります。

病院に来院する患者さんが窓口で一番最初に顔を合わせ、以降も接する機会の多い医事課の事務職員は、病院の雰囲気を判断される「顔」としての存在でもあります。

病院で働くスタッフの多くは、医師、看護師、薬剤師、臨床検査技師など国家試験の合格で与えられる資格保有者で占められていますが、事務職の業務を行う際に、法的資格は別段必要ありません。しかし、上記のレセプト業務は専門的な知識や経験が必要ですので、実際には民間の医療事務認定資格を取得しておかないと、病院での採用には繋がりません。

総務課は、民間企業と同様に一般事務を行いますが、病院によっては人事、経理、庶務、資材管理も総務課が担当しているケースもあります。院内の備品の管理、医療廃棄物(使用済みの注射針、血液・体液等の付着した脱脂綿・ガーゼ等)の処理、清掃点検なども事務職の仕事となります。